運営方針と対象になるお子様

放課後等デイサービスとは

児童福祉法に基づき、発達に関係する障害のある子ども若しくは、その心配のある子どもの発達を促すために、個別療育または集団療育などの支援を行っている場所です。
放課後や学校長期休暇中にお子様をお預かりし、支援を行っています。

運営方針

  • 子どもひとりひとりの個性やベースに合わせたソーシャルスキルトレーニング(SST)などを含む、集団・個別療育をおこなっていきます。
  • レクリエーションや、人との関わりを通して、それぞれが明るく、元気に、のびのびと成長していけるよう、支援をおこなっていきます。
  • 子どもや保護者様にとって居心地がよく、安心できる環境を作るため、保護者様や他機関との連携を 大切にしていきます。

対象児童

  • 就学児童(小学生~高校生)
  • ”お友達とうまくコミュニケーションがとれない””椅子にじっと座っていることが難しい” など困り感をもつ、発達に遅れのみられる子ども、もしくは心配のある子ども。
^